FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大雪でしたっ。
本当に大雪でした。

日本から出張者がお二人見えていて
夜はご一緒に食事をしたのですが
帰りがけのグランドセントラルの駅で
とんでもないミスをしてしまいました。

出張者の方々と別れた後
グランドセントラル駅で
列車に乗ったのはよかったのですが
乗る列車を間違っちゃったのです。

乗ったのは
いつも通勤で使っているのハーレムラインではなくて
コネクティカット州行きのニューヘブンラインでしたっ。

こちらの列車は、もちろん時刻表があるのですが
どの乗り場に列車が来るのかは
列車到着の直前までわからず
掲示板で確認する必要があります。

いつも通勤に使っている列車は
トラック28に来ると掲示板に出ていたので
何の疑いもなく列車に乗っていました。

出発の時間が若干遅いので
おかしいなと思ったのですが
雪の影響で出発が遅れているのかなと思っていました。

列車が発車してハーレム125丁目駅を過ぎた頃
車掌さんが切符をチェックしに来ました。

こちらの列車はいわゆる改札というものがなく
車掌さんが列車の中を歩いて一枚ずつ
乗客の切符を確認します。

“おいおい、あさっての定期を持っているみたいだな。
この列車、おたくの定期に書いてある駅には行かないよ。
スタンフォード駅で降りるこったなっ。”

“えええええっ△■XX?”

一瞬何を言われているのかわかりませんでした。
てっきりいつもの通勤用の列車だと思っていましたから。

乗り場のトラックの番号を間違えたようです。

“やばい、このまま急行で45分ぐらい、
ノンストップでコネクティカット州まで行ってしまうっ”

車掌さん、切符代は見逃してくれましたが
この雪の中、どうやってスタンフォード駅から家に帰るんだっ!

窓の外は、銀世界といえばきれいですが
見たこともないような豪雪なのです。

この日のニューヨークは
この冬一番の吹雪なのですっ。

参ったな、こりゃ引き返すしかないか。
でもスタンフォードからマンハッタンに戻れば45分、
家に帰る列車の発射時刻と合わないな―。

奥さんに今日は遅くなることを電話で告げました。

スタンフォード駅に着くと
文字通りの吹雪です。目が開けてられないぐらいなのです。

おおお、マンハッタンではそうでもなかったのに
コネクティカットは別世界じゃないか!!

しかし、タクシーがいました。

行き先を告げると

“どこだそりゃ?それニューヨークの方じゃないか。
州が違うよ。この雪の中、誰が行くんだっ!”

と全然取り合ってくれません。

何台も試しましたがダメで途方にくれていると
1台だけ、行ってもいいというタクシーに出会いました。

電車を間違えたんだと言うと、
運ちゃんから、

“よくあることさ”

と慰められました。

あいにく持ち合わせがなかったので、

“支払いはクレジットカードじゃダメか?”

と聞くと、運転手は言いました。

“クレジットカードだとオイラのところに現金が入るまで日がかかる。
ちょっと負けとくからガソリンスタンドのATMでちょっと金を下ろしてくれねぇか。
ニューヨーク州までは固定額だ。メーターは使わない。
この雪の中、ニューヨークまでの長旅だ。
こいつもガソリンをたっぷり入れとかないといけないからなっ”

OK、とりあえずこの雪の中、
無謀にも乗ったタクシーですから
心中するような気持ちで体を預けるしかありません。

“なあに、心配ないさ。オイラは雨と雪の日の運転が得意なんだっ。”

クシできれいにといた黒い髪が後部座席から見えました。
スペイン語なまりの英語でしたが実直さが感じられます。

もとはといえ、自分のミスで招いたこと
この運転手さんもこの雪の中をニューヨークまでとは気の毒です。

“さぁ、準備はいいかい?”

ガソリンスタンドを出ました。

高速道路は一面の銀世界です。

みんなライトをハイビームにして
スリップしないようにゆっくり走行しています。

って、頻繁にスリップするんですけど。

“おっとっと、なぁにまだまだ大丈夫っ”

って、こんな3分に1回はスリップしていて大丈夫かっ!
と苦笑いしている瞬間に

“おおおおっ”

ゆーっくりですが、車が左に回転して
中央分離帯に極めて近づいています!

って当たりそうっ!あわわわわわ。

“ちきしょう、このクソ雪がっ”

と興奮しだす運転手。
ハンドルを見たこともないぐらいグルグル回してますっ!

ひええええ、死にそうっ!
交通事故ってこういう感じなのっ!?

あわや激突寸前っというところで止まりました。

“Easy, easy, man! You are great in this situation!
We are OK, right? No rush,man. Slow is perfectly fine!”

とか言って運転手以上に焦っているのを隠しながら
必死に運転手を応援してました。

とりあえずここはギャアギャァ叫ぶんじゃなくて
まだまだ道のりは長いので
運転手を褒めちぎって
運転手の脳内を運転手を冷静にさせようと必死になりました。

“I am impressed by your work! It's great!”

雪が高く積もったところにタイヤがずぼっとはまったり
スリップして他の車に激突しそうになったり
完全に一回転して路肩の方に行っちゃったりと
めちゃくちゃなんですが、
車通りも少ないので何とか高速を降りました。

“おい、ここはどの辺だ。お前の家は近いのか!”
“ああ、もう少しだ―。あの丘を越えたらもうすぐだ”

“何、丘があるだと。まずいな迂回できないか”
“いや丘を避けるには川沿いの細い道を行くしかない、あれは細すぎる”

仕方ないということで
丘を越えることにしました。

雪がなければなんてことない丘なのですが
雪の日に丘に登るのはチャレンジです。

助走をつけて一気の上らないとダメです。

平坦なうちから助走をつけてえいやっと
丘を登り始めましたが信号に引っかかりました。

“このくそ信号機がっ、ばかめ。こんな日に信号なんか役に立つかっ。”

運転手が憤ってます。
信号で一旦止まると上れなくなっちゃいました。

道を変えて再チャレンジです。

こんどの坂はもっと細い道で除雪車がまだ来ていないらしく
雪質が新しいのです。

まずいな―。この道を本当に行くのか―。

内心思いましたが
運ちゃんは、興奮状態がピークになっています。

と、ちょうどカーブの影から障害物が目に入りました。
大きな木の枝が道を横切って落ちています。

枝が運転手の視界に入って
彼が急ブレーキを踏むと
車はずずずと横滑りして路肩に止まりました。

“ちきしょう、この木がなければ上がりきれたのに!”

そういって運転席から飛び出した運ちゃんは
スペイン語で木の枝を大声で罵った後に
林の方に放り投げていました!

木の枝なしで再チャレンジしましたが
新しい雪が深く、思うように行きません。

少し前の方に路肩で立ち往生している車が見えました。

こりゃまずい、ここは無理だ。

と思っていると、反対車線に丘から降りてくる車が。
ライトをハイビームにして猛スピードで降りてきます。

さっきの枝のせいで
反対車線に入ってしまっている僕らを批判するように
ライトをこちらの運転席めがけて照らしながら
ずんずん迫ってきます。

“くそったれ、バカがこんなことをしやがる。雪なんだから仕方ないだろ”
“そうだそうだ、雪なんだから仕方がない、日本にもああいう輩はいる。ほっとくしかないっ”

とかなんとか、
二人でいかに自分たちが雪の中、
果敢に、かつ、安全に運転しているかを
自分たちで褒めたたえながら
反対車線の車を批判していました。

とりあえず一旦戻って
川沿いの道を行くことにしました。

細くて視界は悪いですが丘の道よりは平坦です。

死ぬかと思いましたが
なんとかかんとか、最寄り駅に着きました。

“本当にありがとう。こんな雪の日にドライブしてくれるのは君ぐらいしかいない”
“問題ない。言っただろう。雨と雪はオイラの得意コースさっ。おれたちゃ無傷だっ”

この長いような短いような密室のタクシーで
雪の中を目的に向けて突っ走ることで
友情のようなものが芽生えたような気がしますっ。

元はといえば僕の勘違いで間違った列車に乗ったのが始まりで
この運転手さんに悪路を走らせました。申し訳ないです。
若干チップをはずんであげると喜んでました。
でもこちらが感謝する方です。

“帰りはスタンフォードまでだろ、本当に気をつけておくれ。”
“ああ、ありがとう。少し休憩してから行くよ”

次の日、大雪のためマンハッタン行きの列車は止まり、
ニュージャージ州からマンハッタン行きのバスも止まっていました。

それほどの大雪でした。

勤務先の事務所は開店休業状態で
昼の2時にはオフィスを閉めました。

出張者の方から電話があり
今日はどうしてもニュージャージのほうに行かないといけないので
車を手配して欲しいと連絡がありました。

ニュージャージも雪が深かったので
誰も行きたがりませんが
1社だけ車が出せるといったハイヤー会社がありました。

僕が昨日乗ったタクシーの運ちゃんかも知れないな
なんて思いました―。



雪路とは何か。探し続ける駐在員にあたたかい応援をっ。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
アフィリエイト・SEO対策
Secret

TrackBackURL
→http://takaoinnewyork.blog118.fc2.com/tb.php/365-26c27548
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。