FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの日本でした。
1年ぶりですね。

日本に帰ってその後サンフランシスコでも仕事があって
ニューヨークの自宅を2週間ぐらい空けていました。

その間、奥さんに子供2人の面倒を見てもらっていて
大変だったと思います。

この日本帰国の間、いろいろな仕事があったり、
いろんな人にご挨拶したり、飲みに連れて行ってもらったりで
いろいろ書きたいことはあるのですが、今日は一つだけ。

中学時代からの友人の結婚式に行ったことを書きます。
友人というより、“連れ”といった方がしっくりきます。

僕はある私立大学の付属校に通っていましたので
中学、高校、大学と同じ学校に行った仲間が何人もいます。

その中でも気の会う仲間とは今も連絡を取り合っています。

結婚式でそんな仲間たちにふいに会うと
みんな10代だったのに30歳になって
それぞれの運命を背負って人生をやっているんだな、と深く感慨深いものがあります。

友人代表に選ばれてスピーチをやった仲間も
もう高校生じゃありません(当たり前ですが)。

もう父親になっていますから、話す内容も当然しっかりしているわけです。

彼は白血病との闘病生活を経て
現在職場復帰もしています。

妹からの移植で白血病を直したこの男は、
ミスタードーナツで僕とダベッっていた
あの高校生と同じ人物なのか―もちろん同じ人物なのだけど、
かけがえがないのだと思います。

他の連中にしてもそうですね。

日本を離れて遠くにいるし、しばらく会っていなくても
過去に同じ時間と場所を共有したことには変わりはない。

披露宴では、そんなことを考えていました。

結婚するIの留学時代の英語の先生という
現在横浜在住のダンが日本語でスピーチを終えて
安心した様子でした。

“緊張したけどやっとお酒が飲めるよ”

なんて、うまい日本語をしゃべりますね。

さぁ、そろそろ宴もたけなわ。
もう花嫁の手紙あたりかな?

っと、油断していると司会の方が

“それでは、今回アメリカからこの結婚式のために帰ってきた方に
スピーチをしめてもらいましょう。それでは英語でスピーチをお願いしますっ!”

“はっ???”

えええぇぇぇぇっ、本当にきいてないよっ!!
ちょっちょっちょっちょっちょ、まってっまってまって!!!
無理っ無理っ無理っ。

“えぇ、ああ、ううう”

いきなり当てるなんてっ!
普通だいたいこんなんやらせで、事前にスピーチのお願いするやろっ!
本当にいきなり当ててどうするっ!

“高校んとき、よー飲みに行ったなぁ、お父さんも一緒に”

こんなこと言っちゃいました。
高校生で飲みに行ったらあかんやろっ!
というツッコミが入り会場内もちょっと爆笑っ。

とか言っているうちに何を言っているかわからなくなりました。

“こいつのいいところは変わらないところです。
机の上のメッセージカードの字が中2のときと同じ字だと思いました。
アメリカから電話してもいつだって中学生みたいなアホな話をします。”

口からでまかせで何を言い始めたんだっ。

“そ、その変わらないところで”

さすがにしめないとっ。

“奥さんに・・・、か、変わらない、あ、愛を・・・、さ、捧げてくださいっ”

ひぇーなんとか終わったっ
へんな汗びっしょりですっ。

全身の力を使い果たしましたっ。
もうこりごりです。

変わり行く変わらないもの―。



結婚式とは何か。探し続ける駐在員にあたたかい応援をっ。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
アフィリエイト・SEO対策
Secret

TrackBackURL
→http://takaoinnewyork.blog118.fc2.com/tb.php/331-7efdfec7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。