FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、4歳の娘が
自分がスーパーマンだといって聞きません…。

外に遊びに行くときも
しまじろうのハンカチを
を背中にかけてマントにしています。

“I 'm superman!”

ことあるごとに
と大声で言って大変ですっ。

前はアンパンマンだったのにっ(この前のブログはこちら)!

最近は、スーパーマンと呼ばないと
返事しなくなりました。

スーパーマンと呼ぶと機嫌がよく
言うことを素直に聞いてくれるのでいいのですが…。

そんなスーパーマンを連れて
今日はミュージカルを見に行きました。

下の子は突発性発疹で
全身赤いぶつぶつができているので
ママとお留守番です。

ミュージカルといっても
子供ミュージカル。

演題は、“The prince and the Pauper”。
pauperというのは聞きなれない言い方ですが
物乞いと訳せばいいでしょうか。

差別用語になってしまうかもしれませんが
邦題は“王子と乞食”といいますね。

2つ向こうの街のTown Hall Theater
ってチケットに書いていたので
てっきり公民館的なところを想像していましたが
着いてびっくりっ。かなり本格的なミュージカル用の劇場ですっ。

セットもしっかりしていて
1階席に加え2階席もあり
2階横側には特別のBOX席もあります。

幕があけるやいなや
ピアノとチェロの生演奏をバックに
子供たちが歌う、歌う。

おおお、みんなブロードウェイの
子役ばりに歌がうまいっ。

物語の合間合間に
3拍子のワルツをみんなでハモったり
独唱のソロがあったり。

出演者が8歳から12歳まで
と聞いていたので
小学生の学芸会的なものを想像していましたが
思いのほかハイレベルですっ。

衣装もしっかりしているし
大人びた女の子ばかりです。

お母さん役の女の子が
子供役の子を抱いている姿なんて
もう大人そのものです。

ヒロインの子も金髪で背も高く
歌もうまい。矯正している歯が見えたとき
まだまだ小学生なんだと
改めてビックリするんですが
まぁおどろきです。

王子役の男の子もまた
美形で、ナイスキャスト。

英語がうまいですね。

って、当たり前なんですが
英語って何で子供がしゃべっても
かっこいいんでしょう。

子音がいっぱいで
倍音がいっぱい入るからからな~?

子供でもみんな低い声で話すので
おとなっぽいです。

はじめは食い入るように見て
拍手したりと楽しんでいる様子の娘でしたが
集中力が切れたようでゴソゴソしだしました。

気を紛らせながら小さな声で

“みんな歌うまいねっ。すごいねっ”

って言うと、娘は

“スーパーマンの方がすごいよっ”

と、ちょっと不機嫌な顔をして
ぷっとふくれました。

“あー、あー、スーパーマンの方がすごいね。ごめん、ごめん。”

ここでスーパーマンか否かについて
議論すると大声で反論されるので
シアター内では娘の主張を受け入れることにっ。

しかし、彼女はなぜスーパーマンを選んだんだろうっ。

顔は徐々に女の子らしくなってきているのに
性格はボーイッシュというか、
自分を男の子だと信じているようなところがあって
劇中のフェンシングのチャンバラシーンで刺激されて
終わってからもずっと真似する始末っ。

“スーパーマン、楽しかった?”
“うん!”

まぁ、満足してくれれば
それでいいですが・・・。



ミュージカルとは何か。探し続ける駐在員にあたたかい応援をっ。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
アフィリエイト・SEO対策
Secret

TrackBackURL
→http://takaoinnewyork.blog118.fc2.com/tb.php/284-69d5ea29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。